自己処理のリスクとは

脇の自己処理は、剃る場合と抜く場合がありますが、それぞれに大変なリスクがあります。

 

まず剃る場合ですが、カミソリを使う際に皮膚の表面の角質まで削り取ってしまうことが多いため、剃った後にヒリヒリと沁みたり、雑菌が入ってかぶれたりすることがあります。また、毎日のように処理をする夏などは、だんだん肌の表面がざらざらしてきて、うまく剃れなくなってきます。それを無理に剃ろうとすると、肌の角質をさらに傷つけてしまいます。そしてカミソリでの処理だと、皮膚の内部まで毛を除去することはできないため、皮膚の中に黒い点々が見えてしまったりしてじゅうぶん満足のいく仕上がりにはなかなかなりません。

 

一方、抜く場合は仕上がり具合はとてもきれいですし、数日間はきれいなままで長持ちするのですが、抜く際にはとても手間がかかるうえ、肌への負担も大きいものです。よく見られるのが毛膿炎です。白いニキビのような吹き出物が毛の再生時に出来てしまうのです。そして肌の中に毛が埋まってしまう埋没毛も出来やすくなります。

 

剃る場合でも抜く場合でも共通なのは、肌への過剰な刺激によって肌にくすみや黒ずみができ、そのまま色素沈着してしまうというリスクです。あまりにも色素沈着がひどくなってしまうと、その後エステで脱毛してもらおうと思っても、光脱毛器の特性上断られてしまう場合もありますので注意が必要です。