脇の脱毛をすると汗が増える?

脇の脱毛には多くの人が関心を持っています。
特に女性にとって邪魔者でしかない脇のムダ毛、エステでさっぱりと脱毛してしまえばどんなに楽になることか。
そんな風に興味を持っている人も多いでしょう。

 

そこで参考なるのがネットなどでの口コミですよね。
どういった脱毛方法があるのか、費用はどれくらいか、効果はどう?などといったことを実際に体験した人の意見から検討することが出来ますよね。
最近ではエステで脇の脱毛をした人も増えていますので、様々な口コミを見ることが出来ます。

 

その中でちょっと気になるのが「脇の脱毛をすると汗が増える」という噂です。
果たして本当にそんなことがあるのでしょうか?

 

汗と脱毛の関係について

特に脇に関しては毛のあるところに汗が出ているように見えるため、毛と汗に関係があるような気がしますよね。
しかし実際のところ、毛の有る無しと汗の量は全く関係がありません。
汗の量は汗腺で決まるのです。
脱毛することは汗腺に対して影響を与えません。
脱毛したからといって汗が増えるというのは、何の根拠も無い噂なのです。

 

脇の脱毛をすると汗が増えるといわれる訳

では一体どうしてそんな噂が流れるようになってのでしょう。
それには汗の出た後の流れに原因があります。
通常、汗は毛に沿って蒸散します。
蒸散しきれなかったものが集まって滴になると、私たちは「汗だ」と気付くことになります。
脱毛した状態では蒸散がしづらくなるため、汗に気づきやすくなるため、汗が増えたように感じる場合があるようです。
脱毛することによって、実際に汗が増えることはありませんが、流れやすくなるということはあるようです。

 

「でも今までも毎日処理していたけど、汗は流れてなかったけど?」という人もいるかもしれません。
それは脇の毛の自己処理によって、肌に凸凹が出来ていたためなのです。
脇に汗が溜まりやすく、流れづらくなっていたのです。
実はこの状態は雑菌が溜りやすく、臭いの原因も発生しやすい状態なのです。
脱毛することにより、汗は流れ落ちていきますが、面積が広がる分すぐに蒸発しやすくなります。
衛生面でいってもそれほど心配することではないのです。

 

また、汗パッドなどがより効果的に使えるようになります。
脇に毛があったり、凸凹肌の状態だと、汗はその場にとどまりやすくなります。
けれど脱毛したツルツル肌ですと、自然とパッドに吸収しやすくなるのです。
もちろん夏場などはノースリーブなどの脇の開いた服装で開放しておけば、ちょっとした汗はすぐに蒸散してしまいますよ。
キレイに脱毛した脇ならば、大胆な服装も平気ですよね。