毛が濃くてもちゃんと脱毛は出来る?

女性にとってムダ毛とは永遠の悩みの種。
憧れは無駄な毛の一切無いツルツルピカピカの肌ですよね。
そこで注目されているのが”永久脱毛”です。
特に最近はエステなどでの脱毛の価格がものすごく安くなっていますので、コツコツと自己処理を続けるよりもサッパリとエステで脱毛してしまう人が増えています。

 

ところで皆さんは”永久脱毛”と聞くと「もう二度と毛が生えてこないこと」と考えがちだと思います。
しかし実際には、脱毛した人を一生かけて観察する訳にはいきません。
そこでエステ業界では永久脱毛に対して定義が決められています。
それは「脱毛後の毛の再生率が20%以下」というものです。
脱毛した後に再び毛が生えてくる再生率は、脱毛方法にも関係してきます。
一番再生しづらいのはニードル脱毛ですが、それでもまた毛が生えてくる人もいます。
比較的威力の弱いフラッシュ脱毛であっても、再生率が20%以下であれば永久脱毛と呼ぶことが出来るのです。
再生率には個人差も大きいため、エステで脱毛したからといって、絶対に二度と毛が生えないという訳ではないことを理解しておきましょう。

 

脱毛方法による違い

ここで一般的な脱毛方法による違いを覚えておきましょう。

 

ニードル脱毛

毛の1本1本に針を通し電流を流すことで毛根を焼き切ります。
脱毛効果も高く、再生率も低いのですが、非常に痛いことと時間と費用がかかることが弱点です。

 

レーザー脱毛

レーザーによって毛根に刺激を与えて脱毛します。
脱毛効果もニードル脱毛に次いで高いです。
しかし痛みもあり、肌への負担も免れません。
一般には医療機関で行う施術ですので、ケアに対しては充実していると思います。

 

フラッシュ脱毛

現在でのエステ脱毛はほとんどがこの方法です。
光を照射することで毛の黒い部分に作用させ脱毛します。
さらに毛の生えづらい状態へと導きます。
ニードルのような即効性はありませんが、肌に対する負担も少なく痛みも小さいのが特徴です。
また一度に広範囲に照射することが出来ますので、時間も短くて済み、費用も非常に安いのが特徴です。

 

毛が濃くても永久脱毛は出来る?

いずれの方法でも毛が濃くても脱毛することは可能です。
ただしニードル脱毛のように1本ずつ処置する方法ですと、かなりの時間と費用がかかることを覚悟しなければなりません。
その点フラッシュ脱毛のような方法ですと、毛の濃さはあまり関係ありません。
光の当たる部分は満遍なく脱毛することが出来るのです。

 

もし全身脱毛を考えているのであれば、安価で済むフラッシュ脱毛で脱毛してから、どうしても残ってしまう生命力の強い毛だけをニードル脱毛するのがベストでしょう。
しかし、ほとんどの人がフラッシュ脱毛のみでほとんど毛が生えてこなくなったと感じていますよ。