カミソリでのカミソリ負けはどうするべき?

カミソリ負けはどうして起こる?

カミソリでムダ毛の自己処理をしている人には
カミソリ負けをしてしまった経験がある人も多いでしょう。

 

いったんカミソリ負けで肌が荒れてしまうと、その後のお手入れがしばらく出来なくなってしまったり、ひどい場合には色素沈着へとつながってしまうこともあります。
たかがカミソリ負け、などと甘く考えていると、無残な黒ずみ脇と一生付き合うことになってしまうかもしれませんよ。

 

では一体どうしてカミソリ負けが起こるのでしょう。
まず第一に、カミソリでムダ毛を剃るという行為は、必ず肌も一緒に削っていると考えておいた方がよいでしょう。
どんなに丁寧に剃ったとしても、少なからず肌にも影響を与えているのです。
また、肌質によってもカミソリ負けの起こりやすい人がいます。
肌の弱い人、乾燥しがちな人などは特に要注意ですね。

 

カミソリ負けを防ぐには?

まずムダ毛を剃る前にはお湯などで濡らした状態にするのが最善です。
出来れば蒸しタオルなどで3分ほど湿らすと、毛が柔らかくなり剃りやすくなります。
プレシェーブローションやプレシェーブフォームなどを使うのも良いでしょう。
さらにカミソリ自体も古いものは使わず、剃り味の良いものを使いましょう。
同じカミソリをずっと使い続けるのは、衛生面からもおすすめ出来ません。
そして、剃った後にはローションやクリームなどで充分ケアしましょう。

 

もっと良いのは電気シェーバーを使うことです。
最近の電気シェーバーは価格も安く性能の良いものが増えていますので、どうしても自己処理しなければならない時には電気シェーバーの方が安全です。

 

もちろん普段からのスキンケアも大切です。
乾燥気味の方はたっぷりと保湿し、肌自体を強く健康にしておくことも必要です。
肌にとって大きな負担となるカミソリですから、負けないような強い肌を日頃から鍛えておきましょう。

 

永遠にカミソリ負けにならない方法

ん〜、こう考えるとカミソリで剃るのにも色々と準備や後始末が大変ですね。
実は、永遠にカミソリ負けにならない方法があるのです。
それはエステで脱毛してしまう!という方法です。

 

「え〜」と思う人もいるかもしれませんが、今やムダ毛の自己処理はリスクの大きさから時代遅れとなっているのです。
プロの手による脱毛は何より安全ですし、仕上がりも断然キレイです。
その上最近のエステでの脱毛の価格はグンと安くなっています。
あれこれとケア用品を揃えるのだったら、変わらない値段でプロの脱毛を受けることが出来るんですよ。

 

いったんエステでの脱毛が完了すれば、数年はお手入れ知らずの肌になることが可能です。
もちろんカミソリなんて使う必要も無くなって、カミソリ負けなんて考えずによくなりますよ!