脇脱毛をするとワキガが改善する?

脇の脱毛をすることで、ワキガが改善されたという例が あるようです。そもそもワキガとは、アポクリン汗腺という 分泌腺から出る特有な汗が空気に触れ、皮膚上にある 雑菌を分解する際に悪臭を放つものです。汗自体に臭いは ありません。つまり、雑菌が多ければ多いほど、ワキガの臭いは 強くなってしまいます。脇毛が多いと、その分雑菌は繁殖 しやすくなります。汗や汚れが毛に付着したままになるからです。

 

脇毛をなくすことで、雑菌の繁殖しにくい環境を作り、結果的に ワキガを改善することができます。実際、ワキガの治療の一環として 脱毛を勧められる場合もあるようです。 また、もともと脇が毛深い人はアポクリン汗腺も多いと言われて います。ワキガになる人とならない人の違いは、この汗腺の数も もちろん影響しています。もともと毛深いと、脱毛しきれないのでは ないかと懸念する人もいるかもしれませんが、実は毛深いほうが 脱毛には向いています。レーザーや光エネルギーは毛根の黒い メラニンに反応し、そこに吸収され毛根を破壊する仕組みですから、 黒く太い毛のほうが効果的に反応します。

 

ただし、脇毛がなくなることで汗が直接衣類に付くようになりますから こまめに拭くことが大切です。また、脱毛だけではワキガの治療には なりません。