脇脱毛には医療レーザーとエステどちらがいい?

医療レーザー脱毛は、医師のいる医療機関でのみ受けられる 施術です。脱毛に一番効果的な高い出力でレーザーを照射し、 毛根を確実に破壊していきます。そのため、数回通うことで 最終的にはほぼすべての毛根を破壊し、それ以降は生えてこない いわゆる「永久脱毛」の効果が売りです。 ただ、その分肌へのリスクは高く、ある程度の痛みは必ず伴いますし 人によって熱傷(やけど)の症状が出てしまうこともあります。

 

一方エステでの脱毛は光脱毛といって、光エネルギーを毛根に 照射し破壊する方法です。原理としては医療レーザーと同じですが 威力が少し劣ります。そのため、レーザー照射ほど確実には 毛根を破壊できない場合があり、一度処理したはずの毛がまた 再生してきてしまったり、満足のいく仕上がりになるまで何度も 通わないといけなかったりします。しかし、肌への負担はかなり 軽く、痛みもほとんど感じません。また、照射範囲が広いために レーザーよりさらに短時間での処置が可能です。また、光脱毛で 使用している光エネルギーは、美容外科などではフェイシャルなどで よく使われているものです。そのため照射箇所のくすみや黒ずみ、 シミなどが軽減されるということも分かっています。脇の自己処理を 繰り返して少し黒ずんでしまっている場合などは、エステでの脱毛が 有効かもしれません。ただし、色素沈着が極端にひどい肌には レーザーも光も当てられない場合があります。