エステで脱毛すれば永久脱毛?

女性ならば誰もが憧れる永久脱毛。
毎日の面倒なお手入れから開放されて、思う存分おしゃれも楽しめて、異性にも積極的になれるかも!
そんな風に考えている人も多いでしょう。
でも永久脱毛といわれるものは、本当に”永久”なのでしょうか?

 

エステの脱毛の広告を良く見てみましょう。
”永久脱毛”と明記しているものはほとんど無いことに気付くと思います。
脱毛業界で決められている永久脱毛には実は定義があります。
一般には脱毛後1ヶ月の再生率(また毛の生えてくる確率)が20%以下の施術に対して”永久脱毛”という言葉を使う、とされています。
そしてこの再生率は、脱毛の方法によって違ってくるのです。

 

一番再生率の低い、つまり再び毛が生えてきづらい脱毛法はニードル脱毛です。
毛の1本ずつに電気を通して脱毛する、手間とお金のかかる方法です。
次いで、医療機関でのレーザー脱毛、フラッシュ脱毛と続きます。
永久脱毛として宣伝しているのは、ニードル脱毛と一部のレーザー脱毛だと思います。

 

フラッシュ脱毛ではまた毛が生えてくるの?

ということはフラッシュ脱毛ではまた毛が生えてくるのでしょうか?
答えは、人それぞれ、です。
何ともふがいない答えで申し訳ないのですが、脱毛の効果は人それぞれで、その後の再生率も個人差が大きく影響してくるのです。

 

毛の生えるのに大きく関係してくるのがホルモンのバランスです。
男性ホルモンが多いほど毛が濃くなるといわれています。
そしてこのホルモンバランスは人によっても違いますし、成長期や妊娠期、または更年期などにも大きく変化することが知られています。
こういった影響で再び生えてくる人もいれば、全く生えてこなくなる人もいるのです。

 

一応目安としては、フラッシュ脱毛が完了した3〜4年後に再びチョロチョロと生えてくる人が一番多いようです。
ただし10代などの成長期の方はもっと早く再生する可能性があります。

 

おすすめの永久脱毛

もちろんお金も時間もたっぷりあって、痛みにも耐えられるというのであればニードル脱毛が一番でしょう。
しかし現実にはそうはいきませんよね。
そこで最も効率的な脱毛方法を考えてみましょう。
おすすめなのは、まずフラッシュ脱毛をしてみることです。
一度完了するだけで多くの人が毛が生えづらくなります。
それから数年後また生えてきたらまた脱毛すればいいのです。
それでも初回よりずっと生えづらくなっているため、回数も少なくて済むでしょう。
それでもしつこく残る毛があるようであれば、レーザーなりニードルなどを試してみるのが合理的です。

 

あとはホルモンのバランスが乱れる時期は避けるようにしましょう。
成長期や妊娠時・出産後などは避け、脱毛の効果を最大限受けられる時期に施術を受けるようにしましょう。